チャットレディー初心者の方は、これに注意して収入アップ

リスクに備える!チャットレディをするなら覚えておくべき注意点

>

もしものことも頭の片隅において、上手に働く

断りきれずにした行動が法に触れる

チャットレディーの給与が実際会話した時間のみに発生するとなれば、やっとできた顧客を離したくないが為に、男性客の無理な要求もいやいや飲んでしまうかもしれません。
当然、契約時には「ノンアダルト」と書かれてあっても、実際はそうキレイにはいかないものです。

そこで考えなくてはいけないことは、実際アダルトな要求をされ、自分もそれに応えてしまおうとするとき、局部の撮影は厳禁です。
公然わいせつ罪にあたります。
本来、局部の無修正画像は日本では認められていません。
いずれかのルートでその局部が映し出さされたものが流出し、警察の目に留まれば、罪に問われます。
これでは、簡単に高収入どころではなくなりますね。
実際、きわどい会話になり、自分でも納得しアダルトに持ち込んだとしても、公然わいせつ罪について頭の片隅に置き、お仕事をしてください。

年齢制限はきちんと確認してから契約

当たり前の事ですが、基本的にこのようなお仕事に関しては、ただお話しするだけだと言っても、未成年や学生についての契約を行っていない事業所も多いはず。
きちんと契約前に、年齢制限があるかどうか確認をしてください。

このような新業態に関しては、警察もどこまで実態を把握しているのかは分かりかねます。
しかし、なにか問題があると一斉摘発等の捜査対象になりかねません。
最近は、未成年を悪質に利用したビジネス等は警察摘発の対象となることが多くあります。
また、各都道府県の各条例等にかかわる事でもありますので、十分に気をつけてください。

出来れば、未成年の方にはストーカーなどにリスクが極力少ない方法で、働いてほしいものですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る