チャットレディー初心者の方は、これに注意して収入アップ

リスクに備える!チャットレディをするなら覚えておくべき注意点

>

実際に合わない仕事だからこその個人情報管理

自分の周辺情報をむやみに話さない

昨今のカメラや映像技術は驚くほど進んでいます。
しかも、チャットでの会話は実際に会っての会話などより、妄想なども膨らみがち。
ともなると、ストーカーのリスクは常に隣同士と思っていた方が良いようです。

例えばライブカメラの設置位置等では、自分の住まいが特定されてしまう可能性があります。
カメラ映像の背景等には十分気を付けましょう。
また、話がはずみ自分がよく行く場所などをはなしてしまうと、その場所をヒントにしてストーカーが始まるかもしれません。
どんなに盛り上がっても、どこかに冷静さをもって会話を楽しんでください。
勿論、住所や最寄駅、利用頻度の高いスーパーなどの話も避けるべきだと思います。

見えない・会えないからこその対策を十分に考えて、楽しく高収入を求めましょう。

確率は低いが、もしもの為の変装

ライブカメラの利用率や、使用頻度等を人口比で割り出しても、チャットレディーとして知人等に会う確率は非常に低いものですが、これまた防衛策が必要だと思います。
上記のような、ストーカー対策を考えるにしても、チャットレディー中の自分のキャラクター設定は、実際の自分とは違うものにしてみてはいかがでしょう。

例えば、ウイックを利用して、がらりと髪型をチェンジしてみる。
化粧の雰囲気を変えて、イメージチェンジする。
ほくろを上手に描いて、別な印象を造るなど、様々な方法が考えられます。
また、着ている洋服の雰囲気を変えて、チャットレディーモードになるのもいいと思います。
普段の自分を飾らずに会話する、これまた魅了的なことですが、個人情報を特定しやすいと思いますので、ある程度の変装等でリスク回避をすることは必須だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る